貸切バスは用途で使う種類を分ける

貸切バスと一口で言っても、その種類は様々です。
例えばミニバスは、最大13名までしか乗車できませんがバスの中でも一番小回りが利きますし、価格もリーズナブルなのでリピーター率も一番多い車種になります。

マイクロバスはミニバスよりも乗車できる人数が多く、最大で25名まで乗ることが出来ます。
価格も安いので安さ重視で考える方にはお勧めですが、マイクロバスには荷物を入れるトランクルームがありません。手荷物以外で荷物がある場合は注意が必要です。

15から24名で利用する場合には小型バスもおすすめです。
小型バスにはマイクロバスと違ってトランクルームがありますし、座席もリクライニングになっているので車内でもゆったり過ごせます。
テレビやビデオがついていたり、カラオケができるものもあるので旅行や観光といったシーンに役立ちます。

中型バスだと最大で28名が乗車でき、座席もさらに広々としています。
トランクルームも小型バスよりも大きいので、ゴルフや空港送迎など大きい荷物がたくさんある場合などでは人数が多少少なくてもこちらを利用するといいでしょう。

貸切バスの中でも一番大人数を乗せることができるのは大型バスです。
最大で53から60名まで乗ることが可能で、車によっては2階建てバスや車内にトイレ付き、ビールサーバーを用意しているものもあります。
大人数を乗せることが出来る分価格も上がりますが、短距離や短時間の利用ならリーズナブルな価格になる場合もあります。
大きな車幅、車高のため駐車場所や道幅の狭い箇所は走行可能かなどの注意も必要です。

貸切バスを利用しようと考えている方は、その用途、乗車人数、道のりなどにあった最適のものを選ばれるといいですよ。愛媛県行ってみない?